家の周囲や宅内の家財を
綺麗に整えておくだけでも、
見学者が増えるということもあります。

 


不動産価値の高い地域では、特に何もしなくても買い手が付きやすいということもあります。
その反面、なかなか買い手が付かない空き家もあります。

空き家の周囲や宅内の家財を綺麗に整えておくだけでも、見学者が増えるということもあります。

宅内では、空き家の家財をすべて処分するのではなく、家具や家財の一部などを次の暮らしをイメージして頂けるような残し方をします。

自治体・団体等の進めるまちづくりのコンセプトや、その地域の特徴を活かした家財整理見せる整理をコーディネートをすることで、見学率にもつながり、見学された方々への好印象を与え利活用や売買の成約に繋がります。

 

地域により所有者自らが整理処分をしない場合も見受けられます

空き家家財の片づけは基本、所有者が判断をして手放していくのが本来のあり方だと思います。
ただ、地域により、賃貸売買の条件で所有者自らが整理処分をしない場合も見受けられます。

田舎に住んでいる方から見れば、価値を感じない何でもないアイテムでも、
都会から移住して来る方から見れば新鮮で是非、置いておきたいと思うアイテムもあります。

でも、たとえどんなモノでも、代々、我が家が持って、生きてきたモノです。
ましてや所有者本人のモノもあることでしょう。
他人には譲れない大切なモノもあります。

すべてを人にゆだねて処分をしてもらうのは心苦しいのが本心だという方は沢山おられます。
では、どこまで何をすれば良いのでしょう。処分するモノとしないモノって?

空き家の家財を大きなモノ小さなモノ想い出のモノなど、どこまで捨てたら良いのかと
悩む方も多くいらっしゃいます。

私どもは、その家財を今後に活かしたモノの分別・空き家整理をサポートします。

 

家財をどれくらい、どのように処分すればいいのか
悩んでいる所有者の方

売却や賃貸の話が進んでいたり、これから考えていこうとした時に、家財の整理や分別が悩みの種となります。

誰が、どんな片づけをしていくのかも決めなくてはなりません。
賃貸・売買時に、入居者から、全て捨てて下さいと言われる場合や、
これは使いたいので置いておいて下さいと言われる場合もあるでしょう。

また、賃貸・売買希望者に自信を持って見ていただくために、綺麗にしておこう!
と思われる方もいらっしゃるでしょう。

いずれにしても、賃貸・売買する際に、家財は、誰かが片付けなければなりません。

所有者の方は、こんな事に悩まれるのではないでしょうか?

●不動産屋業者に「片付けておいて欲しい」といわれたがどこまで片付けるのか
●全部を捨てるのは時間的にも難しい
●捨てるにはもったいないモノがあるが、誰か欲しい人がいるのかどうか悩む
●モノが多すぎて判断できない、
●家具や古いものが沢山あるが捨てるには費用がかかる
●自分も楽で、次の人も借りやすい片付け方法がないものか

など、家財の中には捨てることを悩んだり、全部を捨てるには費用も時間もかかる、

そんな悩みがあります。

たとえ今すぐ賃貸・売却・活用を決めたとしても、全てを捨てなくても良い

有効的な家財整理があります。

空き家を次の入居・活用に
活かすための家財片付けサポートサービス

留守・半空き家の家財片付けサポートサービスには、2種類あります。
秘密厳守でのサポートで信頼と安心を頂いております。

1、アドバイス・・・・・・・・家財整理の方向性・手順をご一緒に考えます。
2、片付けサポート・・・・・・ご一緒に仕分け、分別を行います。

1、アドバイス

家財整理をする際に、最終目的に応じて方向性を決め、選別や方法などをお伝えします。

2、片付けサポート

空き家を訪問して、賃貸・売却・未定など目的に応じて、大小含めた家財を的確に保持と処分の選別をします。次に活用をする方にとって、魅力的な見せる物件となるような家財整理をサポートします。

 


このサービスは、次の活用に向けて有効的な家財整理をします。売却や賃貸に有利な家財整理です。取っておくモノと処分するモノを分けて、この空き家にある家具やモノを使ってインテリア性を高め、暮らしをイメージしてもらえるような整理のサポートをします。


サポート事例

 

次の活用に活かせる空き家家財整理

次の活用に活かせる空き家家財整理は、すべてを捨てなくても良い整理の方法です。費用や時間の負担が軽くなり、次に使う人を意識したインテリアの要素をもった整理の方法です。片づけの専門家がしっかりとお聴きして方向性や優先順位を考え、ご一緒に作業をし、次につなげるコーディネートをします